忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去年の6月から。
どうもシュクレールです。

さくねんの6月から視聴を止めていた。というか見ていなかった週間ボーカロイドランキングをゴールデンウィークに消化しました。

途中にSPもあり、そこでちょっと気になった項目があったので、それについてちょっと私見を述べたいなと思います。

いわゆるニコニコで後悔されるボーカロイドの音楽とプロが作った商業音楽との壁があるかどうか。といった内容の質問だったのですが、意見は様々。そのなかで相変わらず壁はあるとする意見が目に付きました。

私にとってボーカロイドの音楽は商業音楽とはベクトルのちがうものであると捉えてますし、好みでいえばこういったもののほうが好きです。

というのも、映像つきというのもあるのですが、商業音楽では泣いたり、笑ったり。そういった曲というのはすごく少ないのではとおもいます。

特に笑ったりという(ここではネタ曲という意味で)曲については、商業ではくだらなすぎておそらく採用されないでしょう。あらゆる表現が、商業という鎖に縛られない。ゆえにエンターテイメントとしての魅力は商業よりも大きいとおもいます。

ボーかロイドたちが歌う曲と映像にはひとつの「ストーリー」があります。
だからこそ泣いたり、
面白くて笑ったり。
そういう作品が商業音楽にあるのかといわれると。わたしは首を傾げてしまいます。
(もちろん版権や肖像権といった問題をグレーにできる強みがあるのは否めないですが)

ボーカロイドという一つのくくりで築き上げてきた世界は、時には笑わせてくれたり、泣かせてくれる。彼ら彼女らというタレントがいるからこそ歌だけにとどまらない価値があると思います。

だからたとえば同じ歌を人間の歌い手がやってもおそらく成功しないでしょう。
みんなで作り上げたボーカロイドというタレントだからこそ、いいものだと感じることができるのではないでしょうか?

しかしながらやはり商業音楽には音楽としての高い完成度を見ることができます。

純粋に音楽を楽しみたい場合には商業音楽を。
エンターテイメントとしての音楽では同人(投稿型)というベクトル。

で、私は楽しんでいます。
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
komyu/シュクレール/修造
性別:
非公開
自己紹介:
こうぶつはけものみみとのーびす(♀)とエリーン
主にROとTERAとラノベと雑多なkomyuの日記帳です。
新生FF14
TERA紋章しみゅ
ROサポートツール
タイムライン
RSSボットが記事更新をつぶやくのがほとんどっス…
ROキャラクター紹介


TERAキャラ紹介

シュクレール(バサ)



syuzo(エレ)



サケマス(アチャ)


その他サブ

ウリエルキゥィス(スレLv54)

Vermillion(サラLv56)

パズドラ

157,318,362
フレンド募集中
枠なきゃ増やす
最終プレイ3日以上になったら消す
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
最新コメント
[04/30 のな]
[03/22 NEIN]
[03/22 NEIN]
[10/31 イロイ]
[05/02 NONAME]
Copyright (C) 2017 のーびす監察日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]