忍者ブログ
恋愛小説が大嫌いです。
どうもシュクレールです。

というかこの手の話は自分が糾弾されているようでたまらないのです。
コメディ要素のあるものであれば自分を「誤魔化す」ことができるのですが、
本気ものはそれこそ切り刻まれるような思いになります。

しかし、例えば人を好きになってしまった場合、
しかもそれが、抑えようのないもの。
というのが時にあります。

より正確に言えば、進もうとする自分と止まろうとする自分が、本当に拮抗し、ゆらゆらと揺れるのです。
その揺れる原因は外からの環境に左右されます。

・・・例えば小説

・・・例えば歌

・・・例えば運命

・・・例えば想像

自分と今おなじ気持ちを共感できる相手としての恋愛小説。そして、結末としての解答をその中で見つけることができます。
そういった場合の恋愛小説は、読み手に力を与えます。進めと。

ちょっとした共通点や、「偶然」に普段会わない場所で会ったとき、相手の薬指を盗み見てみて、この間までつけていたものがなくなっていたり。そんな些細な変化と自分との関係性を「想像」せずにはいられません。これは強迫観念です。
そして意地悪なところは、それが運命だと思わせてしまうところです。砕けていえばチャンスなんだと。神が、今進め!と押しているんだと。

私としての結論は、
「進もうが止まろうがどっちにしろ後悔する。だったら期待できる未来を選んでみないか?」
と。

それでも揺れるんですけどね。

つまり何がいいたいかというと。
小説や歌を楽しむとき、楽しいとかんじるとき、そこには自分が歩んできた現実としての人生や性格。それと無意識のうちに比較、照らし合わせているということであり、そういった積み上げがあるからこそ共感や感動が生まれ、涙を流したり、これはいいものだということができるのです。

だから今なら私は恋愛小説が大好きだし、歌を聞けば元気をもらえる。
冗談抜きにして、彼らはこういう風に人を動かす力を持っているのです。
その人の人生や価値観に訴えることによって。

【作品を楽しいとかんじるかどうかは、それはそのまま自分に跳ね返ってきているんじゃないかなぁ】

と思うわけです。

昔は嫌いだったのにー。とかあるでしょ?
それは積み上げたからではないでしょうか。

以上!!

(あ、銀河鉄道の夜は解説見ても結局良くわからなかったです。
当時の社会や賢治の信念。そういうものが絡まっているようですが。
おそらく「いま」の私にはわからないのだろうな。)
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
TRACKBACK
TrackbackURL:
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
komyu/シュクレール/修造
性別:
非公開
自己紹介:
こうぶつはけものみみとのーびす(♀)とエリーン
主にROとTERAとラノベと雑多なkomyuの日記帳です。
新生FF14
TERA紋章しみゅ
ROサポートツール
タイムライン
RSSボットが記事更新をつぶやくのがほとんどっス…
ROキャラクター紹介


TERAキャラ紹介

シュクレール(バサ)



syuzo(エレ)



サケマス(アチャ)


その他サブ

ウリエルキゥィス(スレLv54)

Vermillion(サラLv56)

パズドラ

157,318,362
フレンド募集中
枠なきゃ増やす
最終プレイ3日以上になったら消す
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
最新コメント
[04/30 のな]
[03/22 NEIN]
[03/22 NEIN]
[10/31 イロイ]
[05/02 NONAME]
Copyright (C) 2017 のーびす監察日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]